所沢市シルバー人材センター 広報紙

 

つどいの樹

センター広報紙は、年間4回(通常1月、4月、7月、10月)発行し、活動状況や会員の投稿などを掲載、広くセンターをご理解いただけるよう努めています。

掲載編集:公益社団法人  
所沢市シルバー人材センター  広報委員会

 

140号表紙 140号 平成29年10月1日発行

 

所沢シルバーが「地産地消」型の「シルバーブランド・所沢うどん」作りに乗り出します。県の補助金も得て、小麦の栽培から製麺、販売までを手掛けます。イベントなどで「シルバーうどん」を見かけたら、ぜひご賞味ください▼トップページの輝くシルバーは技能資格、検定合格合わせて18件、さらにランニング大会の常連で優勝や上位入賞を果たしている北出政功さん。スーパーシニアから元気をもらってください。

139号表紙 139号 平成29年7月1日発行

 

トップページの輝くシルバーは、少年野球のコーチ、監督を30年間続け、今も育成に汗を流す斎藤正美さん(山口地区)です。外で遊ぶ子供が減っている中で、団体スポーツに親しむことの大切さを訴えています▼夏祭りのシーズン、そしてやがて秋祭り、そんな晴れの場で、綿あめやポップコーンなどを打っている元気高齢者がいたら、それは所沢シルバー・イベント班かもしれません。ぜひ一度、お求めください。安くておいしいですよ。

138号表紙 138号 平成29年4月1日発行

 

トップページの輝くシルバーは山野草を育てて30年以上の青葉琢也さん。東日本大震災で変わり果てた故郷の姿に打ちのめされましたが、けなげに生きる山野草に元気をもらい、今年育てた雪割草は春の展示会で見事、県知事賞に輝きました▼「安全は全てに優先する」はシルバー活動の最重要課題。所沢シルバーのさまざまな取り組みをご紹介します▼仕事でも、趣味でも、生き生きと活躍する「シルバーの今」をご覧ください。

137号表紙 137号 平成29年1月1日発行

 

介護保険制度の見直しが進む中、軽度の介護・生活支援は遠からず自治体に移管されます。そこで注目されるのが「ちょこっとお手伝い」を合言葉にスタートして2年目に入ったシルバーの地域サポート事業です。生活支援職群班が買い物や掃除、ゴミ出しなどをお手伝いします▼所沢シルバーが誕生して40年近く。その初期から発行されてきた広報紙のバックナンバーがほぼそろい、ホームページでご覧いただけます。ぜひご一読ください。

 

Adobe  PDFファイルをご覧になるには、ADOBE READER が必要です。

  左記、ADOBEサイトより入手して下さい。(無償)

Go TopPage  ページの先頭へ