所沢市シルバー人材センター 広報紙

 

 

 

つどいの樹

 

センター広報紙は、年間4回(通常1月、4月、7月、10月)発行し、活動状況や会員の投稿などを掲載、広くセンターをご理解いただけるよう努めています。

 

掲載編集:公益社団法人  
所沢市シルバー人材センター  広報委員会

 

 

 

144号表紙

144号 平成30年10月1日発行

 

所沢シルバーは10月に創立40周年を迎え、記念の式典と講演会が9月に市民文化センターで開かれました。講演会はベストセラー「佐賀のがばいばあちゃん」の著者、島田洋七さんが登場、爆笑エピソードを紙上中継します▼40周年記念事業の一環として「シルバーまつり」が11月21日(水)と22日(木)、中央公民館と元町コミュニティ広場を会場に開催されます。文化、演芸、販売の3部門でシルバーパワーがさく裂。ぜひご参加ください。

 

 

 

 

143号表紙

143号 平成30年7月1日発行

 

所沢シルバーは創立40周年を迎え、記念式典と記念講演会が9月14日(金)にミューズで開かれます。講演会の講師は1980年代の漫才ブームの立役者で「佐賀のがばいばあちゃん」の著者、島田洋七さん。所沢にも縁があり、どんな話が聞けるか楽しみです▼「シルバーブランド・所沢うどん」。地産地消の出発点となる小麦の収穫が6月に行われました。さまざまなイベントで提供します。所沢の食文化をぜひ味わってください。

 

 

 

 

142号表紙

142号 平成30年4月1日発行

 

ご近所の困りごと解決をお手伝いする「ちょこっとサポート」でうれしいお手紙をいただきました。奥様の遺品整理をめぐる「ちょっといい話」をご紹介します▼地産地消型の「シルバーブランド・所沢うどん」が注目されています。小麦農園では市立中富小学校の3年生が麦踏み体験をしてテレビ埼玉が紹介。製品の乾麺は市役所8階の展望レストラン前でも販売を開始、生麺は大量注文を受けることも。知名度アップに努めています。

 

 

 

 

141号表紙

141号 平成30年1月1日発行

 

所沢シルバーが取り組む地産地消型の「シルバーブランド・所沢うどん」作りが本格化しました。11月には中富に借りた休耕地で種まきをし、保健所の許可を得た「麺工房」では生麺作りが始まっています。イベントなどで温かいうどんをお楽しみください▼トップページの輝くシルバーは、所沢のお祭りを盛り上げるお囃子(はやし)の重松(じゅうま)流を引っ張る元消防マンの古谷隆さん。その活躍ぶりをご覧ください。

 

 

 

Adobe  PDFファイルをご覧になるには、ADOBE READER が必要です。

  左記、ADOBEサイトより入手して下さい。(無償)

Go TopPage  ページの先頭へ