aichi_shilver_guide_191218-04.jpg(623946 byte)
シルバー人材センターとは

概要

シルバー人材センターは、定年退職者などの高齢者に、そのライフスタイルに合わせた「臨時的かつ短期的又はその他軽易な業務に係る就業」を提供するなど 様々な社会参加を通じて、高齢者の健康で生きがいのある生活の実現、地域社会の福祉の向上及び活性化に貢献するため、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」 に基づき、原則各市町村毎に1か所設置されている団体です。

組織

組織は、全国レベルの指導・連絡・調整を行う団体として、公益社団法人全国シルバー人材センター事業協会が設置されています。 また、都道府県レベルで各市町村のシルバー人材センターの指導・連絡・調整を行う組織として各都道府県単位で連合本部が設置されており、   愛知県の場合、公益社団法人愛知県シルバー人材センター連合会が連合本部として指定され、連合本部と活動拠点から成る「シルバー人材センター連合」を構成し、県内全域でシルバー人材センター事業を実施しています。 シルバー人材センターでは、様々な問題の具体的な解決策を検討・実施するため、各種委員会を設置し、会員主導で活動しています。

活動内容

シルバー人材センターの主たる活動は、地域の家庭や企業、公共団体などから請負又は委任契約により仕事(受託事業)を受注し、会員登録した高齢者の中から適任者を 選んで作業を行うものです。 なお、シルバー人材センターが取り扱う「臨時的かつ短期的な業務」とは月10日程度、「軽易な業務」とは週20時間を超えないものであり、生計維持の目的ではなく、 「自主・自立、共働・共助」の理念に基づいた、高齢者の生きがい作りや社会参加のための就業を対象としています。 仕事内容は、清掃、植木の剪定、除草といったものから襖の張り替えまで、多岐に渡りますが、あくまで就業を通じた高齢者の生活感の充実等が目的であり、営利目的ではありません

会員及び運営

県内の各シルバー人材センターの会員数は、市町村の規模により、100名から10,000名弱で、入会時に登録している希望職種により、各職群に分かれて就業しています。 仕事の配分は、公平性の観点から、仕事を受託(請負、委任)した際には、その仕事を会員登録時に希望業務として申告している会員をリストアップした上で、 広く会員に就業の機会を提供するよう、会員の就業履歴を勘案し、ワークシェアリングを図りながら、特定の会員に特定の仕事が偏らないようにしています。 なお、犬山市シルバー人材センターには、犬山市に居住する原則として60歳以上の人であれば誰でも会員となることができます。

シルバー人材センターの仕組み

仕組み.jpg(51693 byte)
犬山市シルバー人材センター紹介
犬山市シルバー人材センターの概要や財務諸表などの情報公開は下のリンク先で、ご覧ください。
「情報公開」はこちら

機関誌エルダーサロン

『エルダーサロン』とは、犬山市シルバー人材センターが年に4回発行している機関誌です。

所在地

愛知県犬山市松本町二丁目7番地(高齢者活動センター1F)
 
公益社団法人犬山市シルバー人材センター
Copyrightc 公益社団法人 犬山市シルバー人材センター All Rights Reserved.   Created by ez-HTML