本文へスキップ

シルバー人材センターとは、「自主・自立、共働・共助」の理念を基本とし運営する公共性・公益性の高い団体です。

TEL. 0820-23-5959

〒742-0031 山口県柳井市南町三丁目9番2号

チップリサイクル事業Chip Recycling Business

 シルバー人材センターでは、樹木剪定作業後に発生する枝葉等をチップシュレッダーにて、枝葉を細かくチップにし、これまでゴミとして処理業者 にて焼却処理されていた枝葉くずを再資源化するチップ化事業を開始しました。チップ化事業に伴いチップを使用したカブト虫飼育販売事業・シルバー 農園等の事業も行っております。

チップ化事業かぶと虫飼育販売事業シルバー農園事業

チップ化事業

枝葉をチップシュレッダーにて粉砕し,チップ堆肥(土壌改良材)の製造。環境にも優しいエコロジー製品です。

チップ化処理

チップシュレッダーで枝葉をチップ状に粉砕している会員さん達。

熟成中のチップ及びチップくん

・約半年間熟成させ製品になるのを待ちます。チップの中にかぶと虫の幼虫などがいるのでイノシシがやってくるのでイノシシ避けの対策も行いました。
・袋詰し製品化したチップくん 20リットルと10リットルの2製品。

チップくん販売価格(1袋)※チラシ1 チラシ2
チップくん 20リットル入り 150円
チップくん 10リットル入り 80円
チップくん軽トラ1車(毎週金曜日9:00-12:00のみ販売) 3,000円

※チップくんはシルバー人材センター事務所にて販売しております。
 軽トラ1車はシルバー人材センターにて代金をお支払い後、後山まで積荷に行っていただきお客様自身でトラックへ積んでいただきます。


かぶと虫飼育販売事業

 剪定作業で粉砕したチップ材がカブトムシの幼虫を飼育するのに大変適しています。チップ材を使用し幼虫から成虫に育て販売をしています。この事業を通じてシルバー会員と子供達との世代間交流が生まれ、子供達が飼育を通じて命の大切さを学ぶ機会になればと考えております。

かぶと虫の幼虫、世代間交流事業

・チップ化作業に伴い、堆肥の中にいたかぶと虫の幼虫を採取。
・世代間交流事業の一環で園児に命の大切さに触れて欲しいことから柳井・平生・田布施の幼保育園施設に呼びかけかぶと虫の幼虫とチップくんを提供しました。(H21.11.5)

成虫したかぶと虫、出荷準備

立派に成虫したかぶと虫達。H22年度は、雄雌合わせ約230匹程度のかぶと虫が育ちました。
注文のあったかぶと虫の出荷準備をする会員さん達。

金魚ちょうちん祭り協賛「西蔵ふれあいのつどい」(かぶと虫と遊ぼうコーナー)

 平成23年8月7日(日)に金魚ちょうちん祭り協賛「西蔵ふれあいのつどい」が開催されました。
シルバー人材センターでは、「かぶと虫と遊ぼう」、「金魚ヨーヨー釣り」、「金魚ちょうちん体験作成」のコーナーを開設しました。

かぶと虫販売価格(平成27年度販売は終了しました。)
かぶと虫・成虫オス(1匹)
かぶと虫・成虫メス(1匹)
かぶと虫・成虫オス・メス(各1匹)

※7月中旬から8月上旬にかけて柳井事務局(0820-23-5959)にて販売をしております。(在庫が無くなり次第、販売終了といたします。
 カブト虫の育て方


シルバー農園

 チップ化事業で出来上がった堆肥を実際に畑で使用して作物を育て市場にて販売しています。また親子で芋苗植えや芋掘りを行うことで食育教育及び世代間交流事業につながるように活動しています。

シルバー農園

約900平方メートルの土地でチップ化した土壌改良剤等を使用し、シルバー農園として運営し様々な作物を育て出荷・販売などしています。

芋掘り(H22.11.13)

6月中旬に植えた芋をシルバー会員のアドバイスを受けながら保護者も一緒に芋掘りをしました。 収穫を終えた後は焼き芋にして皆で秋の味覚を味わいながら楽しい体験学習を終えました。

バナースペース

公益社団法人
柳井広域シルバー人材センター

〒742-0031
山口県柳井市南町三丁目9番2号

TEL 0820-23-5959
FAX 0820-23-6116