トップページ ≫ 会員向け情報 ≫ 事務局からのお知らせ







 事務局からのお知らせ
  令和 2年 3月~6月 入会説明会日程のお知らせ  
  新型コロナウイルスに対する注意喚起について   
  狭山市に「狭山」はなかった?           
  令和2年度正会員継続について           
   2月24日(月)は休日です            
  シルバー人材センター親睦会 アンケートの結果について
  「フレイル予防教室」へのお誘い           
   地区事業報告会のお知らせ            
   配分金収入等に対する所得税の取扱いについて   
   シルバー人材センター加入保険等について     
  消費税増税にともなう「配分金」の改定について  
  シルバー人材センター事業における        
    消費税の取り扱いについて
  指定宿泊施設のご案内              
  高齢者の交通安全                
  2019年10月の消費税改正に係る単価変更について  
  シルバーでプレミアム商品券が使えます‼     
  総務財政部会の活動について             
  就業安全について                  
  広報部会について                  
 「3キュー子育てチケット」の取り扱いを始めました。
 独自事業】絵手紙教室「萌えの会」受講生募集
 
新型コロナウイルスに対する注意喚起について
 新型コロナウイルスに対する注意喚起について、詳しくは埼玉県公式ホーム
ページなどをご確認ください。

 http://www.pref.saitama.1g,jp/a0701/shingatacoronavirus.html
            
 
    
   
狭山市に「狭山」はなかった?
                        広報部会長 宮野 初仁   平成の大合併で、1999年(H11)に3232あった市町村が、2006年(H18)には1820に減少しました。同じように1953年(S28)頃に昭和の大合併がありました。当時は3万人以上の人口があれば市になれるということもあり、あちこちの町村が合併して市になったようです。それにより、9868あった市町村が3472にまで減少しました。
そのとき、入間川町、入間村、堀兼村、奥富村、柏原村、水富村の一町六村が合併して狭山市ができました。当時の人口は31030人でした。現在は15万人以上ですから、5倍近くになっています。
市になるには名前を決めなければなりません。狭山茶が有名なので「狭山市」にしようということになったようです。それまで狭山市には「狭山」の地名はなかったと記憶しています。もともと「狭山茶」は、入間市と東京都にかかる狭山丘陵が発祥の地であり、狭山村も現在の入間市にありました。狭山小学校、狭山ゴルフクラブ、狭山湖(の一部)等、現在も入間市に存在しています。
狭山市になったので、町役場も狭山市役所になり、公共施設は「狭山市立○○」になりました。このとき「狭山市狭山」の地名が出来ました。
冠「狭山」の地名・施設はこの後できました。1962年(S37)に、「県立狭山工業高校」ができました。
新しく造成した団地は地名が「狭山台」です。駅は、入間川駅はそのままで、川越狭山工業団地が出来るとき新狭山駅が同時に開業しました。入間川駅が狭山市駅になるのは1979年(S54)3月、狭山湖駅が西武球場前駅に変わるのと同時でした。
入間市は、1956年(S31)に武蔵町になり、1966年(S41)に入間市となりました。次の年に豊岡町駅が入間市駅になったのですが、12年間、近くに入間川駅・入間市駅があり、まぎらわしかったことでしょう。狭山市はたくさん「狭山」があるのに、入間市には「入間」とつく地名があまり見あたりません。工業団地も「武蔵工業団地」になっています。この団地の中に「狭山ヶ原」、「狭山台」という地名があります。他に、入間台団地というのがありました。入間という名ついた施設がまだありました。入間基地です。ここには1938年(S13)に陸軍の航空士官学校ができました。敗戦後進駐軍に接収され、米軍のジョンソン基地になりました。1958年(S33)に入間基地が併設されて米軍と共同使用され、1978年(S53)に米軍から全面返還されました。
この入間基地の面積の90%は狭山市といわれています。本来、狭山基地とすべきなのでしょうが、この地域が入間郡であったため、入間基地になったようです。水富村生まれ、狭山市育ちの私の実感です。記憶違いがあればご指摘ください。
    
   
令和2年度正会員継続について
 令和2年度、会員を継続することを希望されない方につきましては、下記の期限までに事務局へ「退会届」に会員証を添えて提出して下さい。
 なお、提出期限後に退会届を提出されても、令和2年度の正会員会費は、納入していただくことになりますのでご注意下さい。
 退会希望の方は、事務局までお問い合わせ下さい。
※注意 
お仕事を辞めただけでは退会扱いになりません(公共業務に就業されていて、「就業辞退届」を出されていても退会扱いとはなりません)。
「退会届」を提出してください。事務局に備え付けてあります。
退会届提出期限 令和2年4月20日(月)必着
    
 
  
2月24日(月)は休日です
 天皇陛下の即位により、2020年2月23日(日)が天皇誕生日で休日になります。このため、2月24日(月)が振替休日となりますのでご注意ください。   また、今年は東京オリンピックの開催に合わせて祝日が移動しています。

  名称    休日    備考      参考(通常)
天皇誕生日  2月23日  2020年以降
海の日    7月23日  2020年のみ     7月の第3月曜日
体育の日   7月24日  10月の第2月曜日
山の日    8月10日  8月11日

*体育の日の名称は2020年以降「スポーツの日」となります。
    
    
   
シルバー人材センター親睦会 アンケートの結果について
速報版12月号でお願いしました「シルバー人材センター親睦会」についてのアンケートにご協力いただきありがとうございました。260名の回答をいただきました。
■親睦会については、
ぜひ参加したい 48
参加しても良い 124
参加しない 88
親睦会に「ぜひ参加したい」、「参加しても良い」方が172名、66%の方が参加したいというご意見でした。

■「親睦会に何を期待しますか」という質問には、サークル活動に期待する方は139名、親睦旅行に期待する方は101名でした。内訳は、ダブって回答している方があるため、合計とは一致しません。
囲碁 10 泊まり旅行 38
将棋 12 日帰り旅行 81
麻雀 29
カラオケ 39
ウォーキング 86
・「サークル活動」のその他として、「グランドゴルフ」、「ゴルフ」「卓球」、「パソコン教室」などがありました。
・「親睦旅行」の希望旅行先としては、「1泊での近場」、「伊豆方面」、「温泉地」、「関東近辺」、「東北地方」、「日光」、「バス旅」、「首都圏工場見学」等のご意見をいただきました。
・「ボランティア」については15名のご提案。「自分にできることで」、「福祉関係」、「子供関係」等。
・「その他」として、「講演会」、「茶話会」等がありました。

■「不参加」の理由としては、「すでに他のサークルで活動しているため時間が取れない」、「仕事がある」、「家の雑用がある」等、多忙なため参加出来ないという意見が多数でした。「興味がない」、「必要ない」、「身体に自信がない」という回答もありました。

参加希望の方の回答、不参加の方のご意見を参考に、「シルバー人材センター親睦会」を立ち上げたいと思います。今後の日程としては、
1)「シルバー狭山 速報版」2020年3月号配布時に「入会申込書」をお送りします。
  (入会希望者は「申込書」に記入して、事務所に持参、または班長さんに渡してください)
2)4月下旬に「シルバー人材センター 親睦会」の総会
(会費については、総会で決定後、親睦会会員のみシルバー人材センターの会費と一緒に徴収します)
を予定しています。
シルバー会員各位、各地区班長さんのご協力をお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なお、自由意見の中に質問がありましたので、以下に回答します。
Q:アンケート中、経緯の3・4行目に「平成27年度のアンケートで親睦会の要望が多く」とあるが、同年9月号のアンケート報告の中では見あたらないが?
A:アンケート問23のサークル・仲間作りの場の立ち上げを指しております。回答では30%の方から作りたいとの回答をいただいております。
Q:県の指導により親睦会を解散しなければならない理由は?
A:一般法人から公益法人の認可を受ける際、「公益性」の観点から特定の者(会員を指します)への補助金の支出はできない、と言われたことから、県内のほとんどの団体では親睦会を解散しています。
Q:センターの会員と親睦会の会員の違いは何か?親睦会の会員と狭める理由は何か?
A:親睦会は、センター会員の福利厚生的な性格を有するものであります。基本的には全員参加が望ましいと考えておりますが、県からは強制参加はできない旨の話をいただいております。
    
 
「フレイル予防教室」へのお誘い
                        女性部会 新藤 和子
                             山崎久美子
ちょっと体を動かしただけでも汗が出る真夏の8月24日に開始した第1回「フレイル予防教室」が、秋風が肌に心地よい11月2日に無事終了しました。
初日は、小谷野市長、加賀谷市議会議長もお見えになり、運動プログラムに参加していただきました。
2日目以降は、運動・栄養・社会プログラムと進めてきました。
コーディネーション運動では、足踏みをしながら手を叩いたり、数を数えながらお手玉を回したり、じゃんけんゲームをしたり・・・筋力運動では、足がプルプルしたり、厳しい中にも笑いありで、楽しくやることができました。
栄養プログラムでは、栄養素・チャレンジシートを使って毎日の食事をチェックして、不足の食品を知りました。社会プログラム(茶話会・井戸端会議)では、お茶を飲みながら、プログラムを経験して気がついたこと、印象に残っていること等、グループで話し合うことによって新しい発見・気づきをしました。
昨年の事業報告会では、「フレイル」という言葉を知らない人がほとんどでしたが、最近ではテレビ・新聞などで「フレイル」を耳にしたり目にしたりすることが多くなりました。
厚労省は、要介護になる前のフレイルの人を把握するため、75歳以上の後期高齢者を対象に、2020年度に新たな健診を導入することを決めたとの記事がありました。
アンケートのご意見にも。継続をしてほしいとのご希望もあり、2月から第2回「フレイル予防教室」を開催するとともに体力測定会も予定しています。会員の皆様、ぜひご参加ください。
※詳細は「速報版」2月号で


                   
   
 
 
 
地区事業報告会のお知らせ
 ・入間川西地区  令和2年2月 9日(日)10時~    「宝荘」  
・入曽地区  令和2年1月11日(土)11時30分~ 「不老荘」
・柏原地区  令和2年1月19日(日)10時45分~ 「宝荘」
同じ地域の方々と知り合えるよい機会です。
多くの会員のご出席をお待ちしております。


                 
   
 
 
配分金収入等に対する所得税の取扱いについて
 会員が就業して、センターから支払われる「配分金」は、所得税法上は「雑所得」とされていますから、確定申告する必要があります。1月20日から、令和元年分の「配分金支払証明書」を発行しますので、期間内(2月17日から3月16日まで)に確定申告を行ってください。
年間配分金の合計額が65万円を超える場合は、年金等の収入と合わせて確定申告する必要が生じる場合があります。(年金の金額によって申告の必要のない場合もありますので税務署に確認してください。) ※「会員手帳」をお持ちの方は、手帳にも細かな取り扱いが記載されています。
※配分金・公的年金等の収入以外に収入がある場合、または控除額等については、最寄りの税務署に相談・問合せをしてください。
所沢税務署(所沢市並木1-7)  電話 04-2993-9111

所得税の計算例

◇配分金収入だけの場合
[(年間配分金-特例控除)-(基礎控除+その他控除)]✕税率=所得税額
(65万円)  (38万円)
◇配分金と公的年金がある場合
【[(年間配分金-特例控除)+(公的年金等-公的年金控除)]
-(基礎控除+その他の所得控除)】✕税率=所得税額

■確定申告時に必要となる「配分金支払証明書」は、昨年と同様にご本人が事務局まで受け取りに来て下さい。お渡しは1月20日(月)以降です。
※別途、シルバー派遣事業で就業中の会員には1月中下旬頃より埼玉県シルバー人材センター連合から順次源泉徴収票が送られる予定です。
                   
   
 
 
シルバー人材センター加入保険等について
 Q:「団体傷害保険」は就業報告書を事務所に届ける時も対象になりますか?
A:自宅から事務局までの通常の往復の時に発生した事故等は補償の対象になります。
班長さんが「速報版」等を会員さんに配付する時も同様です。
Q:就業中の事故等で眼鏡などの自分の持ち物が破損した場合は対象になりますか?
A:自分の身体に関する保証ですから、自分の持ち物の損害は対象外です。
他人の身体・財物に損害を与えた場合は「団体賠償保険」で賠償されます。
Q:クリーン作戦の時も対象になりますか?
A:クリーン作戦は就業に該当しますので、対象になります。
なお、事務局主催の講習会に参加した場合、レク保険の対象となる場合もあり、全部は対象とはなりません。
Q:団体傷害保険では就業先への往復の時は対象にならないのですか?
A:「団体傷害保険」は就業途上の事故に適用されますが、「団体賠償保険」では就業途上の事故は適用されません。この場合には、ご自身が任意に加入している自動車保険や自転車保険を使うことになります。

対象   就業中   就業  途上
団体傷害  本人    〇   〇
団体賠償  第三者   〇   ×

事故が起きると自分も不自由しますが、周りの人にも迷惑をかけることになります。安全に留意し、事故のない就業をお願いします。

                   
   
 
 
消費税増税にともなう「配分金」の改定について
                      
10月1日より、消費税が10%になったことで、シルバー人材センターでの受託事業に関しましても、発注者からいただく料金にかかる消費税が8%から10%に変更となります。
就業された会員さんにお支払いする「配分金」は全て内税扱いとなっており、9月分までは8%の消費税が加算されておりますが、10月分以降からは消費税が10%加算された額をお支払いしております。(原則、従来の額を一旦税抜きにし、改めて10%を加算します。)
会員の皆さんは一人ひとりが「事業主」という扱いから、センターからお支払いする「配分金」にも消費税を加算してお支払いすることとなっています。
以上、上記の内容により、10月就業分以降の配分金額が増加することとなりますので、「配分金明細書」にてご確認ください。

 
 
シルバー人材センター事業における消費税の取り扱いについて
         
請負・委託契約で就業した場合、会員が受け取る報酬(=配分金)には消費税が含まれています。会員はいわゆる「個人事業主」として仕事をすることになるため、「納税義務者」になります。なお、消費税を納税する義務が発生するのは、基準期間(2年前の1年間)における課税売上高(配分金等の総額)が1,000万円以上の事業主ですので、課税売上高が1,000万円未満の事業主は納税義務が免除されます。              
 
 
 指定宿泊施設のご案内
            
シルバー会員(家族を含む)の皆様に、一般料金より安価にて利用できる宿泊施設をご案内します。国内指定のリゾートホテル・旅館・ビジネスホテルなどが会員証提示で10%~15%割引で利用できます。
なお、施設予約時にシルバー会員の優待利用が可能であるか確認が必要です。詳しくは、(公社)全国シルバー人材センター事業協会のホームページをご覧ください。
http://www.zsjc.or.jp

          
 
 
高齢者の交通安全
      心身機能低下の兆しと
      事故防止の心得
                       就業安全部会長 兼平 春雄
   高齢ドライバーの皆さん
   こんなことはありませんか?

1.思ったように身体が動かない、平らな場所でもよくつまずく
○反射神経や脚力が低下しているかもしれません。
○衝突の危険が迫った緊急時にブレーキが遅れたり、ブレーキを力いっぱい踏めないおそれがあります。
 事故防止の心得……先々の交通状況にも目配りして、前の車の動きを先読 みする
2.探し物がなかなか見つからない、エスカレーターにうまく乗れない
○視野が狭くなり、また、動いているものを見る「動体視力」が低下しているかもしれません。
○左右から近づいてくる車や道路標識、信号などを見落とすおそれがあります。
 事故防止の心得……意識的に顔を左右に向け、二度三度と、繰り返し安全 を確認
3.よく階段を踏み外したり、物にぶつかる
○遠近を判断する「深視力」が低下しているかもしれません。
○車やバイクとの距離がつかみにくくなり、危険なタイミングで右折を始めるおそれがあります。
 事故防止の心得……右折するときは、対向車線の直進車が通り過ぎるまで待つ
4.夕方や夜間、物が見えにくい
○夜間視力が低下しているかも
○前方の暗がりから横断してくる歩行者や自動車を見落とすおそれがあります。
 事故防止の心得……暗がりにしっかり目を凝らし、歩行者などを早めに発 見
5.忘れっぽい、やる気が出ない
○思考力や集中力が低下しているかもしれません。
○ぼんやり運転に陥ったり、車や歩行者・自転車を見落とすおそれがあります。
事故防止の心得……意識的に目玉を動かすことで注意力を高め、疲れを感じたらすぐに休憩

  
 
2019年10月の消費税改正に係る単価変更について
  日頃より狭山市シルバー人材センター事業にご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
さて、10月1日からの消費税率引き上げに伴い、当センターの配分金単価を改定させていただきます。
当センターでは配分金単価に消費税を含む「内税方式」を採用していますので原則として全業務の単価を改定いたします。
(例:従来…配分金単価1,080円(内税)×事務費10%=1,188円→10月以降1,100円(内税)×事務費10%=1,210円)
また、派遣契約に関しては外税方式を採用していますので、単価に変更はありません。※消費税は8%から10%に変更となります。
10月以前にご依頼を頂いた件を含め、10月以降に作業が完了したものについては単価改定後(消費税改正後)の金額で請求いたしますので何卒ご理解下さいますようよろしくお願い申し上げます。  
 
シルバーでプレミアム商品券が使えます‼
 市が発行するプレミアム商品券がシルバー人材センターでも使えます。
ご近所でプレミアム商品券を購入された方へのPRをよろしくお願いします。
 
 
 
総務財政部会の活動について
                       総務財政部会長 五十嵐 則之
 今回は平成31年度総務財政部会
事業計画について報告します。
一.新規会員加入促進
1.会員募集説明会の拡大実施
・ 毎月説明会を開催
2.自治会等への働きかけ
・ 広報活動
3.女性会員の募集強化
・ 入会への環境づくり、説明会、イベントの実施
4.広告媒体の活用
・ チラシ、ポスター
*会員の確保は『基本一』です。
現在の会員数は1180名前後ですが、高齢化が進むなか、最低限でも現状を維持することが必要です。
二.就業開拓の推進
1.就業機会の確保
・ 回覧板、チラシ、ポスティング
2.介護保険事業の強化
・ 事業スタッフの組織化
3.新規独自事業の開拓
・ ふれあいサロンの開設
4.フレイル予防教室の開設
・ 予防教室の開設
5.役員による企業訪問
・ 事業開拓
*受注額の確保は『基本二』です。
狭山市シルバー人材センターにおいても高齢化が進みます。それでも会員の皆さんが元気で長く就業できるように、また、未就業の方、新規会員になられた方のためにも支援体制を強固にすることが必要です。
三.安全就業の推進と事故防止対策
1.安全教育等、各種講習会の開催
・ 安全、交通、熱中症、普通救命
2.安全パトロールの強化
・ 定期、不定期に実施
3.特定健康診査受診の奨励
・ 100%の受診率
4.職群別安全・適正就業マニュアルの遵守
・ マニュアルの確認、徹底
*安全と無事故は『基本三』です。
就業を永く継続・維持するため、安全の確保と事故の防止は過去、現在、未来における課題です。会員の皆さんの安心・安全についてのシステム作りを進めていきます。
四.地域貢献活動の推進
1.公共的催事への積極的参加
・ クリーン作戦、七夕まつり、商工祭
2.地区行事への参加
・ 知名度の向上
五.会員の相互交流
1.会員作品展の開催
・ 特技、趣味の活用
2.会員親睦組織の設立支援
・ 親睦会の立ち上げ
六.事務局体制等 ―― 事業の円滑化、適正な人員配置
1.理事の役割の強化
・ 研修会、講習会にて研鑽
2.他市町のシルバー人材センターとの交流
・ 事業運営の充実
3.個人情報の保護の徹底
・ 安全管理の徹底
4.経費の節減
・ 事務経費、管理費の精査
*四、五、六は、一、二、三を補完する重要な事業です。
地域貢献、相互交流は今後も機会あるごとに継続して進めていきます。
当部会は以上の事業を中心に活動をしていきます。会員の皆さんのご協力をお願いいたします。


 
 
平成31年度正会員 会費について
 平成31年5月以降、配分金のある方は、配分金から会費を差引きし、振込みいたします。ご協力をお願いいたします。
その他の方については、7月下旬頃郵送にて払い込みのご案内をお知らせいたします。
※就業が「シルバー派遣」のみの方は、差引きができかねます。あしからずご了承願います。
          正会員会費 2,400円


 
 
 
就業安全について
                           就業安全部会 山本 八四郎
平成31年度 就業安全・適正対策
実施計画
1.安全目標
*重篤事故の撲滅
*石飛事故の防止
(前年度事故の件数の半減)
2.目標達成のための重点実施項目
①作業開始前に、お互いの作業の段取り、体調管理、安全等を十分確認し、作業を始める。
②脚立を使用する作業は、点検の実施後、脚のガタつきがないように設置、こまめに移動を行い、無理な姿勢を取らない、足元の整理整頓により安全通路を確保する。
③転倒事故防止のため、日常的な予防運動の実施等の啓発運動を行う。
④自転車運転は、交通ルールを守
 り、慣れた道でも周りの状況に注意し、安全運転を心がける。
⑤刈払機を使用する作業は、作業箇所周辺に作業中の看板、立ち入り禁止のためのカラーコーンを設置し、防護ネット、特にガラス窓、車に注意を払い、石飛事故防止に務める。
⑥過去の重篤事故を教訓として同種事故の撲滅を図る。
3.飛び石事故防止のために何が効果的か
◎刈払機(本体)
*日常の手入れの徹底と刈払機本体の回転数を下げての作業。
◎刈払機(刃)
*作業員にとってどの刃が使いやすく事故を防げるかの意見交換の実施。
◎防護ネット等
*防護ネットの使用を徹底する。また使用方法については会員で知恵を出し合う。
*軽い、広い、移動しやすい、高さを調整できるものが効果的である。
◎会員の教育・啓発活動
*リーダーシップを持った会員が重要になる(会員への事故防止の動機付けになる)。
*作業前の安全確認ミーティングを実施する(問診による健康調査、ヘルメットの着用等服装確認、作業現場内の危険箇所の確認等)。
*事故を起こした場合、就業を控えてもらう等のペナルティーを科す。
*班長だけに頼るのではなく、会員の力を借りて意識改革を行う。
◎その他
*パトロール(抜き打ち)を強化する(事故の減少につながっている)
*罰則は効果的である(注意喚起もあり、事故の減少にもなっている)。
*見積時に、石が多い場所、道路際、車の出入りが多い場所での作業は受注しないようにするか、手動による除草作業にしてもらう。
*除草作業は原則2人一組として、作業員と、作業箇所周囲の安全確認の見張り員の役割分担を明確にする。
 
 
 
広報部会について
                       広報部会長 宮野 初仁
 広報部会では「シルバー狭山」、「シルバー狭山 速報版」を発行しています。
「シルバー狭山」はいままでは年4回発行していましたが、来年度からは5月、9月、1月の年3回発行に変わります。内容は、定時総会の議案をはじめ事務局からのお知らせや理事会の報告、会員の近況、各地区・事業班の活動の報告、新会員紹介等です。
会員の近況では、『私』欄で会員個人の経験や現在の心境・活動などを発表していただいています。『働く仲間』は就業している職場の内容を知っていただく企画です。今までお願いしていなかった会員の方にも原稿執筆をお願いすることありますので、よろしくお願いします。
『各地区』ではそれぞれクリーン作戦、事業報告会を実施しています。それぞれの内容を写真付きで報告しています。
また、入間川七夕祭りの飾りにも各地区が持ち回りで担当しています。30年度は狭山台地区が担当しました。その活動内容について発表しています。
『新会員紹介』も大事な情報です。前回発行以後入会された会員の所属・氏名を発表しています。
「シルバー狭山 速報版」は毎月発行しています。最新の連絡事項や、就業ニュースが掲載されています。
シルバー人材センターには就業安全部会、総務財政部会、女性部会、広報部会があります。1ページ目の記事は、その各部会から毎月、順に原稿を執筆しています。以前は、就業安全部会だけにお願いしていましたが、各部会の状況を説明したいということで、各部会が持ち回りで記事を書いています。
どちらも、担当者に原稿をお願いし、締め切り日までに集約します。
原稿は手書きやワープロで印刷して届きますが、最終的に広報部がワープロで清書します。その後、複数の原稿を紙面に合わせてレイアウトします。
その次に、校正。場合によっては2校、3校もあります。それが終わると印刷して皆さんのお手元に届きます。「校正」は文字の間違いの修正です。たとえば「シルバー佐山」は「シルバー狭山」の間違いですから修正します。ワープロで漢字変換していると文脈の切り方で意味不明の文章になったり、同音異義語の使い分けに迷う漢字などが多々あります。本文に注意を向けていると、見出しのような大きな文字の間違いを見落とすことがあるので、要注意です。 
 
 
  
「3キュー子育てチケット」の取り扱いを始めました。
  「3キュー子育てチケット」の取り扱いを始めました。
家事援助サービス、庭木の手入れ、除草など生活サポート全般にご使用になれます。この機会にぜひ、あなたの近くの「おじいちゃん・おばあちゃん」をご利用ください。
※「3キュー子育てチケット」の詳細につきましては、
埼玉県ホームページ
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0607/kuponn/top.html 狭山市ホームページ
https://www.city.sayama.saitama.jp/kosodate/josei/shien/kosodatetiket.html をご覧ください。
  
 
 
 「健康・生活アンケート」の分析結果について
 今年5月にご協力をいただいた「健康・生活アンケート」の分析結果がまとまりました。
主な内容は、
1.会員自身が感じている予防効果(センターの活動から会員が何を得られているか)
2.会員の健康度の見える化
3.介護予防施策への貢献
の3項目です。
相対的に会員の就業が、健康面・生きがい面で効果があり、またその結果として、介護予防の受け皿として貢献するとともに、機能改善効果による介護費用の縮減効果も明らかになりました。
事務所に報告書を備えてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。
                               
   
 
 
  会員の福利厚生(会員割引価格のご案内)
 狭山台2丁目のヘアーサロン エンドー様から、通常「3,500円」の散髪料金を、シルバー会員証提示で「2,800円」で、との申し出がありました。ぜひご利用下さい。なお、会員さん行きつけのお店にお声をかけていただき、「割引料金を導入してもよい」と回答されたお店があれば、事務局にお知らせ下さい。
また、シルバー会員証提示(家族を含む)で、国内指定のリゾートホテル・旅館(53施設)、ビジネスホテル(5施設)、などが10~15%引きで利用できます(施設予約時要確認)。詳細は、全国シルバー人材センター事業協会のホームページか事務局まで。


   
 
 【独自事業】 絵手紙教室『萌の会』受講生募集
 「へたでいい へたがいい」が合言葉
       親しい人に絵手紙を送ってみませんか。

・日時:毎月第4金曜日 午後1時30分~3時30分
・場所:狭山元気プラザ2階 活動室1
・受講料:1回1,000円 別途保険料
・講師:梅坪 仁実会員(日本絵手紙協会公認講師)

見学、体験可(会員以外でも可)、
申し込み、問い合わせは事務局まで
ご連絡ください。

  ☎ 04-2935-4312
   
 

前のページに戻る
後のページに進む



Copyrightⓒ2010 Sayama-CitySJC All Rights Reserved.