トップページ ≫ 会員向け情報 ≫ 事務局からのお知らせ







 事務局からのお知らせ
  広報部会について                  
  平成31年度正会員継続について          
  <みんなで防ごう 振り込め詐欺>          
  =インフルエンザが流行しています!=       
  冬場に多発する入浴中の事故に注意しましょう!   
  健康長寿への「フレイル(虚弱)予防」について   
  配分金収入等に対する所得税の取扱いについて    
  シルバー人材センター加入保険等について(質疑応答)
  電話番号のおかけ間違いにご注意        
  川越七福神巡りのDVD貸し出しのお知らせ     
 「3キュー子育てチケット」の取り扱いを始めました。
  「健康・生活アンケート」の分析結果について  
  緊急時の連絡先は最新になっていますか!     
  シルバー・ワークステーション事業のご案内     
  会員の福利厚生                   
 除草・草刈業務の就業希望会員の募集  
 独自事業】絵手紙教室「萌えの会」受講生募集
 
 
 
広報部会について
                       広報部会長 宮野 初仁
 広報部会では「シルバー狭山」、「シルバー狭山 速報版」を発行しています。
「シルバー狭山」はいままでは年4回発行していましたが、来年度からは5月、9月、1月の年3回発行に変わります。内容は、定時総会の議案をはじめ事務局からのお知らせや理事会の報告、会員の近況、各地区・事業班の活動の報告、新会員紹介等です。
会員の近況では、『私』欄で会員個人の経験や現在の心境・活動などを発表していただいています。『働く仲間』は就業している職場の内容を知っていただく企画です。今までお願いしていなかった会員の方にも原稿執筆をお願いすることありますので、よろしくお願いします。
『各地区』ではそれぞれクリーン作戦、事業報告会を実施しています。それぞれの内容を写真付きで報告しています。
また、入間川七夕祭りの飾りにも各地区が持ち回りで担当しています。30年度は狭山台地区が担当しました。その活動内容について発表しています。
『新会員紹介』も大事な情報です。前回発行以後入会された会員の所属・氏名を発表しています。
「シルバー狭山 速報版」は毎月発行しています。最新の連絡事項や、就業ニュースが掲載されています。
シルバー人材センターには就業安全部会、総務財政部会、女性部会、広報部会があります。1ページ目の記事は、その各部会から毎月、順に原稿を執筆しています。以前は、就業安全部会だけにお願いしていましたが、各部会の状況を説明したいということで、各部会が持ち回りで記事を書いています。
どちらも、担当者に原稿をお願いし、締め切り日までに集約します。
原稿は手書きやワープロで印刷して届きますが、最終的に広報部がワープロで清書します。その後、複数の原稿を紙面に合わせてレイアウトします。
その次に、校正。場合によっては2校、3校もあります。それが終わると印刷して皆さんのお手元に届きます。「校正」は文字の間違いの修正です。たとえば「シルバー佐山」は「シルバー狭山」の間違いですから修正します。ワープロで漢字変換していると文脈の切り方で意味不明の文章になったり、同音異義語の使い分けに迷う漢字などが多々あります。本文に注意を向けていると、見出しのような大きな文字の間違いを見落とすことがあるので、要注意です。 
 
 
平成31年度正会員継続について
                    平成31年度、会員を継続することを希望されない方につきましては、下記の期限までに事務局へ「退会届」に会員証を添えて提出して下さい。
 なお、提出期限後に退会届を提出されても、平成31年度の正会員会費は、納入していただくことになりますのでご注意ください。
 退会希望の方は、事務局までお問い合わせ下さい。
※注意
お仕事を辞めただけでは退会扱いになりません(公共業務に就業されていて、就業辞退届を出されていても退会扱いとはなりません)。
退会届(黄色)を提出してください。事務局に備え付けてあります。

退会届提出期限
平成31年4月22(月)必着  
 
 
<みんなで防ごう 振り込め詐欺>
 シルバー人材センター』をかたる、ニセの電話に注意して下さい !!               
「シルバー人材センター」の職員になりすました者から、荷物の受取の仕事を依頼され、これを引き受けた高齢者が、知らないうちに振り込め詐欺の被害金の受け取り役にされているという事案が実際に発生しています。 

①センターに登録されていない方に対しては、センターがお仕事を依頼することはありません。
②不審な電話がかかってきたら、迷わずに近くの警察か警察相談電話(#9110)に相談して下さい !!

自分だけではなく、お友達や近所の方が騙されてしまう場合もあります。お互いに注意し合い、気を付けましょう !!


 
=インフルエンザが流行しています!=
 毎年、冬から春にかけてインフルエンザが流行しています。また、インフルエンザは、いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。
インフルエンザにかからぬよう予防対策に取り組みましょう。
●「咳エチケット」について
他の人への感染を防ぐため、マスクの着用や人混みにおいて咳をする際の注意点は次のとおりです。
(1)咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
(2)鼻汁・痰などを含んだティッシュはすくにごみ箱に捨てましょう。
(3)咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。
●「予防接種」について
インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、罹患すると重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられます。ただ、予防をしっかり行ってもインフルエンザにかかってしまう場合があります。具合が悪いなと思ったらできるだけ早めに医療機関を受診しましょう

 
冬場に多発する入浴中の事故に注意しましょう!
 冬の時期は入浴中の事故が多発しますのでくれぐれも注意しましょう。
入浴する際の身体状況や入浴の環境によっては、意識障害を起こし溺水する等重大な事故につながる危険性があります。家庭の浴槽での溺死者数の多くは高齢者(65歳以上)が占めており、高齢者は特に注意が必要です。
安全に入浴するために、以下の点に注意しましょう。
(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
(2)湯温は41度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にしましょう。
(3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
(4)アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
(5)入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう。
入浴は楽しい時間ではありますが、皆様十分に注意し入浴事故を防ぎましょう。

 
健康長寿への「フレイル(虚弱)予防」について
                      女性部会 室井 豊
我々が生を受けた1950年代ごろ(昭和20年代)の平均寿命は、男性が58歳、女性が62歳でしたその後寿命が延び、2017年(平成29年)現在では、男性が81歳、女性が87歳となっており、さらに2060年においては男性が85歳、女性が91歳と推定されており、いよいよ人生100歳は目前と考えられる状況です。
これは衣食住の変化もありますが、これまで救えなかった病気やけがでも医学技術の進歩により、現在では治療・介護を受けながら生活できるようになったことが、主な要因と考えられます。
また、目先を変えてみますと、健康寿命(介護を受けたり寝たきりになったりせず自営生活を送れる期間)は、2017年(平成29年)においては男性が72歳、女性が75歳となっており、「平均寿命と健康寿命との差」が約10歳あります。(この差とは不健康余命=障害・介護の期間)健康寿命を伸ばすこと、また健康的に生活できるような取組・対策が必要ということで、公益財団法人いきいき埼玉(埼玉県シルバー人材センター連合)は、東京都健康長寿医療センター研究所の協力のもと「フレイル予防教室」の活動を推進しています。
これを受け狭山市シルバー人材センターでは、来年度より「フレイル予防教室」を段階的に展開していく予定です。「フレイル(虚弱)予防」とは、栄養・体力・社会参加の3本の矢から構成されています。
一人ではなかなかできない健康寿命を延ばすこと、すなわち健康長寿になるため、地域の仲間とともに地域全体で活動していきたいと考えております。
いつまでも健康で元気な生活を送れることが、個人だけでなく家族の幸せにもつながるはずです。
是非、今後の「フレイル予防教室」に注目を。そして是非是非ご参加を!!

「フレイル」とは、加齢とともに筋力や心身の活力が低下した状態「虚弱」を意味する英語(=Frailty)が語源です。
  
 
配分金収入等に対する所得税の取扱いについて
 会員が就業して、センターから支払われる「配分金」は、所得税法上は「雑所得」とされていますから、確定申告する必要があります。
1月21日から、平成30年分の「配分金支払証明書」を発行しますので、期間内(2月18日から3月15日まで)に確定申告を行ってください。
年間配分金(配当金、交通費等)の合計額が65万円を超える場合は、年金等の収入と合わせて確定申告する必要が生じる場合があります。(年金の金額によって申告の必要のない場合もありますので税務署に確認してください。)
※配分金・公的年金等の収入以外に収入がある場合、または控除額等については、最寄りの税務署に相談・問合せをしてください。

所得税の計算例

◇配分金収入だけの場合
[(年間配分金-特例控除)-(基礎控除+その他控除)]✕税率=所得税額
(65万円)  (38万円)
◇配分金と公的年金がある場合
【[(年間配分金-特例控除)+(公的年金等-公的年金控除)]
-(基礎控除+その他の所得控除)】✕税率=所得税額

■確定申告時に必要となる「配分金支払証明書」は、昨年と同様にご本人が事務局まで受け取りに来て下さい。お渡しは1月21日(月)以降です。
※別途、シルバー派遣事業で就業中の会員には1月中下旬頃より埼玉県シルバー人材センター連合から順次源泉徴収票が送られる予定です。
 
  
  
シルバー人材センター加入保険等について(質疑応答)
 事業報告会で傷害保険等の説明がありました。会員さんからいろいろ質問がありましたが、主な内容について事務局からの回答を掲載します。
Q:「団体傷害保険」は就業報告書を事務所に届ける時も対象になりますか?
A:自宅から事務局までの通常の往復の時に発生した事故等は補償の対象になります。
班長さんが「速報版」等を会員さんに配付する時も同様です。
Q:就業中の事故等で眼鏡などの自分の持ち物が破損した場合は対象になりますか?
A:自分の身体に関する保証ですから、自分の持ち物の損害は対象外です。
他人の身体・財物に損害を与えた場合は「団体賠償保険」で賠償されます。
Q:クリーン作戦の時も対象になりますか?
A:クリーン作戦は就業に該当しますので、対象になります。
なお、事務局主催の講習会に参加した場合、レク保険の対象となる場合もあり、全部は対象とはなりません。
Q:団体傷害保険では就業先への往復の時は対象にならないのですか?
A:「団体傷害保険」は就業途上の事故に適用されますが、「団体賠償保険」では就業途上の事故は適用されません。この場合には、ご自身が任意に加入している自動車保険や自転車保険を使うことになります。

 対象    就業中   就業 途上
団体傷害   本人     〇  〇
団体賠償   第三者    〇  ×

事故が起きると自分も不自由しますが、周りの人にも迷惑をかけることになります。安全に留意し、事故のない就業をお願いします。

  
  
電話番号のおかけ間違いにご注意
 センターへ電話やFAXをする際には、番号のかけ間違いにご注意ください。    電話番号、FAX番号は次のとおりです。

    【電 話】04‐2935‐4312
    【FAX】04‐2999‐6116

 また、電話をかける際は、最初に「シルバー会員の○○(ご自身のお名前)」 と、就業している方は就業先等をおっしゃっていただけると、スムーズな対応・取り次ぎができますのでご協力ください。
 なお、携帯電話の買い替えなどにより電話番号が変わったり、緊急連絡先が変 わった場合は、会員情報の変更処理を行いますので、速やかに事務局までお申 し出ください。
  
  
川越七福神巡りのDVD貸出しのお知らせ
 小江戸川越・七福神巡りに参加された小野昌洋様がDVDを作成してくださいました。
11月28日~30日のシルバー会員作品展の期間中ビデオ放映しましたが、
すばらしい作品になっていますので、会員の皆さんにもぜひ鑑賞していただきたいと
思います。
購入、貸し出しをご希望の方は事務局までお知らせください。
                          -女性部会より-

  
  
「3キュー子育てチケット」の取り扱いを始めました。
  「3キュー子育てチケット」の取り扱いを始めました。
家事援助サービス、庭木の手入れ、除草など生活サポート全般にご使用になれます。この機会にぜひ、あなたの近くの「おじいちゃん・おばあちゃん」をご利用ください。
※「3キュー子育てチケット」の詳細につきましては、
埼玉県ホームページ
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0607/kuponn/top.html 狭山市ホームページ
https://www.city.sayama.saitama.jp/kosodate/josei/shien/kosodatetiket.html をご覧ください。
  
 
 
 「健康・生活アンケート」の分析結果について
 今年5月にご協力をいただいた「健康・生活アンケート」の分析結果がまとまりました。
主な内容は、
1.会員自身が感じている予防効果(センターの活動から会員が何を得られているか)
2.会員の健康度の見える化
3.介護予防施策への貢献
の3項目です。
相対的に会員の就業が、健康面・生きがい面で効果があり、またその結果として、介護予防の受け皿として貢献するとともに、機能改善効果による介護費用の縮減効果も明らかになりました。
事務所に報告書を備えてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。
                               
   
 
 
 
 緊急時の連絡先は最新になっていますか!
  シルバー人材センターに登録されている緊急時の連絡先は最新の情報を提供されていますか?
あなたが就業中に体調を崩された時など、緊急にご家族等に連絡を取る必要があります。もしもの時の連絡先が古い情報ですと、迅速に対応をとることができなくなってしまいます。
爽やかな季節となりましたが、就業中に体調を崩され救急搬送されることも十分考えられます。この際、もう一度確認をお願いします。
不明の場合は事務局にお問い合わせください。
                            
   
 
 
  シルバー・ワークステーション事業のご案内
 埼玉県内シルバー人材センター会員の皆様を対象に、シルバー・ワークステーション事業「即戦力人材養成研修」を実施しております。
会員の皆様の新たな知識・技能の獲得及び就業を応援するため、ひとりでも多くの方にご参加いただきたいと考えております。

詳細については、埼玉県シルバー人材センター連合ホームページをご参照ください。

http://www.saitamaken-silver.jp/index.php

このたび、「即戦力人材養成研修 保育補助」「即戦力人材養成研修 介護補助」の受講者を募集しておりますので、希望される方は「埼玉県シルバー人材センター連合」までお申し込みをお願いいたします。
なお、先着順による受付となりますので、お早目にお申込みくださいますようお願いいたします。

【申し込み・問い合わせ先】
公益財団法人いきいき埼玉
(埼玉県シルバー人材センター連合)
〒362-0812 埼玉県伊奈町内宿台六丁目26番地
TEL:048-728-7841  FAX:048-728-7130
E_mail:syugyo@kenkatsu.or.jp

・シルバー・ワークステーション「即戦力人材養成研修 介護補助」(PDF)
   
 
  会員の福利厚生(会員割引価格のご案内)
 狭山台2丁目のヘアーサロン エンドー様から、通常「3,500円」の散髪料金を、シルバー会員証提示で「2,800円」で、との申し出がありました。ぜひご利用下さい。なお、会員さん行きつけのお店にお声をかけていただき、「割引料金を導入してもよい」と回答されたお店があれば、事務局にお知らせ下さい。
また、シルバー会員証提示(家族を含む)で、国内指定のリゾートホテル・旅館(53施設)、ビジネスホテル(5施設)、などが10~15%引きで利用できます(施設予約時要確認)。詳細は、全国シルバー人材センター事業協会のホームページか事務局まで。


   
 
 除草・草刈り業務の就業希望会員の募集
 センターでは毎年、一般家庭をはじめ、各種団体・企業から除草・草刈り業務の注文を多くいただいています。そのため、センターでは除草等業務が行なえる会員の募集を随時しております。
特にトラックの運転や刈払機の使用に心得のある方は歓迎いたします。
除草等業務を希望される方、
又はご興味のある方は事務局まで
ご連絡ください。
   ☎ 04-2935-4312
   
 
 【独自事業】 絵手紙教室『萌の会』受講生募集
 「へたでいい へたがいい」が合言葉
       親しい人に絵手紙を送ってみませんか。

・日時:毎月第4金曜日 午後1時30分~3時30分
・場所:狭山元気プラザ2階 活動室1
・受講料:1回1,000円 別途保険料
・講師:梅坪 仁実会員(日本絵手紙協会公認講師)

見学、体験可(会員以外でも可)、
申し込み、問い合わせは事務局まで
ご連絡ください。

  ☎ 04-2935-4312
   
 

前のページに戻る
後のページに進む



Copyrightⓒ2010 Sayama-CitySJC All Rights Reserved.