トップページ ≫ 会員向け情報 ≫ 事務局からのお知らせ







 事務局からのお知らせ
  就業においての接遇心得            
  シルバー人材センターの愛称が決定しました。  
  第30回シルバー会員作品展の開催       
  地区事業報告会のお知らせ            
  就業会員による禁止行為の発生について     
  高齢者の自動車運転講習会に参加して      
  「健康・生活アンケート」の分析結果について  
  緊急時の連絡先は最新になっていますか!     
  シルバー・ワークステーション事業のご案内     
  「手作り教室」を終えて               
  会員の福利厚生                   
  平成30年度正会員会費について            
 緊急時の連絡先は最新になっていますか?        
 平成30年度正会員会費について             
 会員拡大のお願い                
 健康診断は毎年受けましょう           
 除草・草刈業務の就業希望会員の募集  
 独自事業】絵手紙教室「萌えの会」受講生募集
 
 
 
 就業においての接遇心得
                       就業安全部会 兼平 春雄 
 シルバー人材センターの基本理念
(事業計画などの根底にある根本的な考え方)
※ 自主・・・センターを私たちのものと
して考えます
※ 自立・・・センターを私たちの力で育てます
※ 共働・・・私たち会員は仲良く働きます
※ 共助・・・私たち会員は互いに助け合います
Ⅰ.まずは「挨拶」から
1.接遇とは、仕事などの目的を持った者同士が、お互いに気持ちよく、スムーズにその目的を果たすための「方法」「心構え」のことで、「もてなし」「接待」の意も表します。
2.挨拶は「心」「言葉」「態度(笑顔)」です。
挨拶は接遇の第一歩です。明るく、笑顔で、身だしなみに注意してください。
挨拶には「ア・イ・サ・ツ」を
● ア:明るく
● イ:いつでも、どこでも
● サ:(相手より)先に頭を下げる
● ツ:続けて一言(今日はいい天気ですね)
お辞儀の仕方
① タイミングを逃さず、すぐに
② 会釈は15度・・すれ違いの時
普通礼は30度・・お出迎えの時
敬礼は45度・・お見送り、お礼、お詫び
Ⅱ.こんな時どうしますか
お客様の申し出をお断りする時は、お客様の気持ちになって
1.できない理由を丁寧に説明して謝りましょう。
(規則だからできません)など、お客様の気持ちを害する場合があるので気をつけてください。
2.無理難題を言ってくるお客様には丁寧に接してください。
3.お客様に注意やお願いをする必要がある時は、命令調にならないように注意してください。
4.忙しい仕事をしている時のお客様の対応は、どんなに忙しくてもお客様と正対して対応しましょう。
Ⅲ.こんな対応に気をつけましょう
1.先入観や思い込みの対応はやめましょう。
2.お客様の反論につられて感情的にならない。
3.お客様の気持ちを荒立てる言葉はやめましょう。
4.現金の扱いは緊張感をもって対処しましょう。
5.よりよい対応を目指して自分を知ろう。
高齢者はとかく自己中心的になると言われています。特に気をつけましょう。
Ⅳ.電話対応の基本
民間に就業されている方は電話に出ることはないと思います。
公共に就業されている方(公民館等職員がいない場合)
一鈴で出た時(午前10時まで)
「おはようございます」
二鈴~四鈴で出た時は
「お待たせしました」
四鈴以上で出た時は
「大変お待たせしました」
お客様の気持ちになって、メモの用紙を必ず用意しておく。
Ⅴ.決まりを守る事が長続きの基本
1.シルバー人材センターの会員は皆「平等」です。
(シルバー会員は公共的業務、民間業務ともに基本は請負、委託契約であり、雇用関係がないことを自覚して就業することが大切です)
2.グループのローテーションを守りましょう。
3.就業上留意すること、決まり事は守りましょう。
4.傷害、損害保険等の制度は、シルバーの就業は雇用関係がないので「労災保険」は適用されません。保険契約上の免責額は会員自身に負担していただく場合もあります。
Ⅵ.特に公共業務に就業する方へ
1.就業する場合は、市の職員の代理だと自覚してください。
2.公共的業務の特徴は、広く市民が対象であり、収益を目的とした業務ではないということです。
3.市民は職員と同じように期待していますので、期待に沿うように頑張りましょう。


   
 
 
 シルバー人材センターの愛称が決定しました。
 先般、埼玉県シルバー人材センターの愛称の募集がありましたが、このたび愛称が決定いたしました。応募いただいた皆様ありがとうございました。
埼玉県内のシルバー人材センターの愛称は、「シニアパワーステーション」に決定しました!
「元気なシニアの力強さや、意欲にあふれ社会で活躍する姿がイメージされる。どなたにもわかりやすく、親しみやすい名称である。」ことから、この愛称が採用されました。(公益財団法人いきいき埼玉 ホームページより抜粋)
また、昨年度からシルバー人材センターの女性会員の呼称として使用している「シルボンヌ」に対応する男性会員の呼称として、「シルバトラー」という愛称が決まりました。
【参考】
・シルボンヌ・・・「silver」と、フランス語の「bonne(女性の「お手伝い」、「親切」、優れた)」の造語
・シルバトラー・・「silver」と、ドイツ語の「Butler(執事)」の造語
詳しくは、公益財団法人いきいき埼玉のホームページ
(http://www.saitamaken-silver.jp/nickname/index.html)をご覧ください。

 
 
 
 第30回シルバー会員作品展の開催
 シルバー人材センター事業普及啓発の一環として、「会員作品展」を行い、広く狭山市民に鑑賞していただき、センター事業の普及啓発を行います。
● 日時:平成30年11月28日(水)午前11時~11月30日(金) 午後3時
● 場所:狭山元気プラザ エントランスホール
● 資格:シルバー会員及び書道教室受講者・絵手紙教室受講者
● 種別:ペン字、毛筆、写真、絵画、ちぎり絵、手作り品、絵手紙等
● 申込:11月9日(金)正午までにシルバー人材センター事務局へ
● 設営:11月28日(水)午前10時00分から出展者にて設営
● 搬出:11月30日(金)午後3時から出展者各自搬出
設営・片付けは出展者の皆様にご協力をお願いします。
又、出展者の方には展示品の保護のため当番をお願いします。
※一人2点まで、事務局にて申込書に記入願います。

 
 
 
 地区事業報告会のお知らせ
 各地区の活動状況やシルバー人材センターの現状についてなど、貴重な話を聞く事業報告会が下記の日程で行なわれます。
多くの方のご出席をお待ちしています。
地区名 開 催 日 時 開催場所
入間川西 11月18日(日) 午前11時~ 宝荘
入間川東 11月18日(日) 午前11時~ 寿荘
堀兼 11月25日(日) 午前10時30分~ 寿荘
奥富 12月1日(土) 午前11時30分~ 西方集会所
柏原 11月4日(日)  午前10時45分~ 宝荘
水富 11月25日(日) 午前10時45分~ 宝荘
狭山台 11月25日(日) 午前11時~ 狭山台4丁目自治会館
※なお、入曽地区は来年1月です。詳細は次号でお知らせします。

 
 
 
 就業会員による
禁止行為の発生について
 先月、就業中に業務用パソコンがPCウイルスに感染し、使用不能になる事案が発生しました。
もし、このウイルスがメインのコンピューターに感染したら、損害賠償になる可能性があり大変な事態となってしまう事案です。就業にあたっては、業務以外のパソコン操作を絶対行わないようにしてください。
なお、今後このような禁止行為をした場合は、即就業打ち切りといたします。
※公共業務用パソコンの場合は、市の担当課がリモートコントロールにより、操作内容を監視しています。
 
 
 
 高齢者の自動車運転講習会に参加して
                         広報部会 大内 輝夫
7月26日、狭山元気プラザ教室3において、埼玉県県民生活部・交通安全課・高齢者安全運転推進員の荒木敏夫氏を講師に迎えて、高齢者の交通事故防止のための講習会が行なわれ、私は取材と自分の現状の再確認のため参加しました。
私が自動車免許を取得してから56年、現役時代は営業の経験がありほぼ毎日運転をしておりましたし、それなりに運転には自信がありましたが、今回の講習会に参加して、自分の運転の衰えを確認できたと感じ、参加してよかったというのが実感です。
埼玉県の交通死亡事故は6月末現在99名(ワースト2)、高齢者は45名と半数に近い状況で特に道路の横断中、自転車による事故が多く、十分な注意が必要であるという事でした。現在、埼玉県では事故防止のため「きらめき3H運動」を展開中という事で、
①早目のライトの点灯(ドライバー)
②反射材の着用(歩行者)
③歩行者保護(ドライバー)
の3点を重点項目として展開しており、これは特に夕暮れ時を意識したことですので会員の皆さまも夕暮れ時には十分気を付けて頂ければと思います。また、夜間に走行中は「ハイビーム」で走行することが必要だという事です。これは周囲に自分の存在を知らせることと歩行者の確認が早くできること、ただ対向車がある場合は注意が必要です。歩行者は明るい服装でいた場合50m、反射板を付けていた場合120mの距離で運転者は確認でき安全であるとのことでした。「ハイビーム」と「ロービーム」を上手く使分けることが大切だと思います。
高齢者に多い交通事故形態と違反
(1)事故形態
  ・追突事故・出会い頭事故
  ・右折事故
(2)違反の種類
  ・安全不確認・一時不停止
  ・信号無視
高齢者になると反応が鈍くなり動作も遅くなり、視力・聴覚も弱くなるため右のような事故や違反が多くなるのではないかと思います。若い時の感覚ではなく現状をしっかりと認識し、「一呼吸おいて」ゆっくりと安全運転に心掛けることが自分のためであり周囲の人々のためだと思います。             
   
 
 
 「健康・生活アンケート」の分析結果について
 今年5月にご協力をいただいた「健康・生活アンケート」の分析結果がまとまりました。
主な内容は、
1.会員自身が感じている予防効果(センターの活動から会員が何を得られているか)
2.会員の健康度の見える化
3.介護予防施策への貢献
の3項目です。
相対的に会員の就業が、健康面・生きがい面で効果があり、またその結果として、介護予防の受け皿として貢献するとともに、機能改善効果による介護費用の縮減効果も明らかになりました。
事務所に報告書を備えてありますので、興味のある方はぜひご覧ください。
                               
   
 
 
 
 
 緊急時の連絡先は最新になっていますか!
  シルバー人材センターに登録されている緊急時の連絡先は最新の情報を提供されていますか?
あなたが就業中に体調を崩された時など、緊急にご家族等に連絡を取る必要があります。もしもの時の連絡先が古い情報ですと、迅速に対応をとることができなくなってしまいます。
爽やかな季節となりましたが、就業中に体調を崩され救急搬送されることも十分考えられます。この際、もう一度確認をお願いします。
不明の場合は事務局にお問い合わせください。
                            
   
 
 
  シルバー・ワークステーション事業のご案内
 埼玉県内シルバー人材センター会員の皆様を対象に、シルバー・ワークステーション事業「即戦力人材養成研修」を実施しております。
会員の皆様の新たな知識・技能の獲得及び就業を応援するため、ひとりでも多くの方にご参加いただきたいと考えております。

詳細については、埼玉県シルバー人材センター連合ホームページをご参照ください。

http://www.saitamaken-silver.jp/index.php

このたび、「即戦力人材養成研修 保育補助」「即戦力人材養成研修 介護補助」の受講者を募集しておりますので、希望される方は「埼玉県シルバー人材センター連合」までお申し込みをお願いいたします。
なお、先着順による受付となりますので、お早目にお申込みくださいますようお願いいたします。

【申し込み・問い合わせ先】
公益財団法人いきいき埼玉
(埼玉県シルバー人材センター連合)
〒362-0812 埼玉県伊奈町内宿台六丁目26番地
TEL:048-728-7841  FAX:048-728-7130
E_mail:syugyo@kenkatsu.or.jp


・シルバー・ワークステーション「即戦力人材養成研修 介護補助」(PDF)



   
 
 「手作り教室」を終えて
                                 手作り班
手作り班では恒例行事として夏に手作り教室を開催しています。今年は8月1日に、「ダンボールで作る裂き織りコースター」で織姫様気分を味わいました。従来は子供さんを対象としていましたが、これは大人も楽しめそうということで、誰でも参加出来るこ
とにしました。
最初は子供も出来る手仕事ということで楽観視していたと思われる大人の方が、すぐに無口になりました。「こんなに集中したのは久しぶり!」とは、完成後の感想。単純作業なのですが、その分糸選びや織り方で個性が出ます。素材の質・色・太さ加減で思いがけない作品になったり、手近な材料で出来るので「家でもっと作ろう!」という感想も。「裂き織」は物を大切にした昔の人が糸状に裂いた古着で改めて織った布。思い出ある物を別の形に変えて改めて利用できる嬉しさも加わり、楽しいですよ。
今回の織り機はダンボール・ガムテープ・コーヒーのプラスチックマドラー(ゴム通し等でも可)と、そこらにある物を利用しました。
コースターは小さいダンボールで作りましたが、ダンボールの大きさを変えればもう少し大きな布を織ることも出来ます。小さい物でも縫い合わせることで大きな布になり、ポーチやマット、ベスト等変化自在です。
手作り班は通常第2・4木曜日の10~15時に元気プラザの教室で、各自が好きな物を作りながら教え合いっこしています。
編み物は編み物班がありますので、編み物以外の物づくりなら何でも自由です。ノルマはありませんが、市民大学祭、商工祭等で販売することも出来ます。
物づくりとおしゃべりの好きな方、ぜひどうぞ!


   
 
  会員の福利厚生
 狭山台2丁目のヘアーサロン エンドー様から、通常「3,500円」の散髪料金を、シルバー会員証提示で「2,800円」で、との申し出がありました。ぜひご利用下さい。なお、会員さん行きつけのお店にお声をかけていただき、「割引料金を導入してもよい」と回答されたお店があれば、事務局にお知らせ下さい。
また、シルバー会員証提示(家族を含む)で、国内指定のリゾートホテル・旅館(53施設)、ビジネスホテル(5施設)、などが10~15%引きで利用できます(施設予約時要確認)。詳細は、全国シルバー人材センター事業協会のホームページか事務局まで。


   
 
 
 
 平成30年度正会員会費について
 今年度の正会員会費について、5・6月分に配分金のある方は、そこから天引きいたしました。
ご協力ありがとうございました。配分金のなかった方には、通知を発送済みです。
 また、8月31日までに会費納入のなかった会員さんに関しましては、今後、配分金が2,401円以上発生した場合は、天引きさせていただきます。引き続き会費の納入にご協力ください。
なお、シルバー派遣のみの就業者は、天引きができかねます。あしからずご了承のほどお願いいたします。 
                会費の納入に
                ご協力願います
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 会員拡大のお願い
                           副理事長 清原 英雄
 会員の皆様には日頃センターにご協力いただきありがとうございます。全国シルバー人材センター事業協会で27年度から29年度末に会員100万人達成計画を推進し、当センターにおいては29年度末で1、445人達成の目標がありましたが、1、154人の実績でした。今年に入り、毎月の「シルバー狭山 速報版」の就業ニュースの求人件数も増えている状況で推移しておりますが、就業先への会員紹介に事務局担当者が大変苦慮しています。
一般企業の就職状況も人手不足の状況が続いていますが、センターも同様に求人対応に時間を要し、求人先に迷惑をかける状態が続いています。
国においても「高齢社会対策大綱」で「退職後に、臨時的・短期的又は軽易な就業等を希望する高齢者に対して、地域の日常生活に密着した仕事を提供するシルバー人材センター事業を推進する。」また、地方公共団体が中心となって、シルバー人材センターなど地域のさまざまな機関と連携して高齢者の就業機会を創る取り組みを推進する。」とされています。
こうした期待に応え、積極的な事業運営を行うためには会員の拡大が最重要課題であることから、全国シルバー人材センター事業協会において「第二次会員100万人達成計画」を決め、会員100万人を目指して会員拡大に取り組むことが決議されました。
当センターも、継続して会員拡大をしていかなくてはなりません。会員の皆様には、友人、知人、親戚に入会のお声をかけていただき、一人でも多くの入会者に繋がるよう、ご協力よろしくお願いいたします。
  
 
 
 
 健康診断は毎年受けましょう
 健康で、はつらつと毎日を元気にご活躍いただくためには、健康体であることが不可欠です。健康に自信があって、今は何も症状がないと思われておられる方も多いのではないかと思います。そんな方にこそ、ぜひ健康診断を受けていただきたいのです。毎年、健康診断を受けて自らの体の数値を把握しておきましょう。家族のため、みんなのために健康診断を受けましょう。

◎特定健康診査・特定保健指導を受診しましょう

狭山市国民健康保険の加入者(74歳まで)を対象とした特定健康診査が実施されています。特定健康診査受診券が5月上旬ごろに郵送されていると思います。
※狭山市国民健康保険を脱退された方は、狭山市の特定健康診査を受診できません。
狭山市国民健康保険加入者以外の方は、加入している各保険者(全国健康保険協会、健康保険組合、共済組合等)へお問い合わせください。

75歳以上の方(後期高齢者医療の被保険者を対象)は、「健康診査受診券」が送られていると思いますので、是非受診しましょう。

☆狭山市のHP(下記URL)を参考にしてください。
https://www.city.sayama.saitama.jp/index.html
 
  
 
 除草・草刈り業務の就業希望会員の募集
 センターでは毎年、一般家庭をはじめ、各種団体・企業から除草・草刈り業務の注文を多くいただいています。そのため、センターでは除草等業務が行なえる会員の募集を随時しております。
特にトラックの運転や刈払機の使用に心得のある方は歓迎いたします。
除草等業務を希望される方、
又はご興味のある方は事務局まで
ご連絡ください。
   ☎ 04-2935-4312
   
 
 【独自事業】 絵手紙教室『萌の会』受講生募集
 「へたでいい へたがいい」が合言葉
       親しい人に絵手紙を送ってみませんか。

・日時:毎月第4金曜日 午後1時30分~3時30分
・場所:狭山元気プラザ2階 活動室1
・受講料:1回1,000円 別途保険料
・講師:梅坪 仁実会員(日本絵手紙協会公認講師)

見学、体験可(会員以外でも可)、
申し込み、問い合わせは事務局まで
ご連絡ください。

  ☎ 04-2935-4312
   
 

前のページに戻る
後のページに進む



Copyrightⓒ2010 Sayama-CitySJC All Rights Reserved.