企業・公共団体等から受ける仕事には、長期間に複数の会員が就業する場合が多いと思われますが、 他の従業員の周辺で働くため、発注先と会員側の間でトラブルが発生しがちです。 トラブルの原因 には、多分にシルバー人材センターの就労が請負業務であることに関する誤解ないし知識不足がある ようですので、再確認してみました。

(1)シルバーの原則は請負です

シルバーでの仕事は、原則として請負であり、派遣は行っていません(一部に派遣事業を行っている センターもあります)。 これは、シルバーの労働が短期的な軽作業を対象としているためです(就 労の原則を参照)。 しかしながら、長期間でも、軽作業で、会員が交代で勤務(ワークシェア)でき るような場合には、派遣に近い形でも、会員の雇用の均等化のために積極的に仕事を受けています。
 では、シルバーで言うところの請負とは、どういうことでしょうか。 法的に厳密な定義は、別の 機会に譲ることとし、ここでは実情に即した説明を試みることにします。

(2)請負と派遣の定義

請負は、契約された仕事を請け負った側(請負元)が自らの従業員(労働者)と資材を使って完成さ せます。 したがって、仕事の内容についてお客から指示されたり、命令されたりすることはありま せん[(a)請負契約]。
 一方、派遣(労働者派遣)では、労働者は派遣元に雇用され給与の支給を受けますが、実際の仕事は、 お客様(派遣先)の指示・命令で働くことになります[(b)労働者派遣]。

  

請負と派遣の違い

現在の栄町シルバーの仕事は、事務局がお客様と契約した仕事を、会員に再委託し、受けた会員が責任を 持って処理(請け負い)するものですから、お客から指示されたり、命令されたりすることは原則として ないはずです。 が、実際にはお客様からいろいろと言われることもあるようです。 次項では、このあ たりについて考えてみましょう。

(3)実践的解釈

前記定義を解釈すると、お客様が、契約にない仕事をシルバーにさせようとする場合は、予め事務局と調 整し、了解を取るとともに、必要に応じて契約内容を変更することが前提となります。
 このようなことは剪定・除草等のケースでは一般的ですが、企業の業務の一部を引き受けた場合等は、必 ずしも現実的ではありません。 このため、契約時には、お客様にシルバーの意義、働き方を十分理解して いただき、仕事のやり方をできるだけ詳細に調整することが必須ですが、新しい仕事では、企業の他の従業 員との関連、仕事に不慣れなことが相まって、様々なトラブルが起きがちです。
 このような場合シルバー会員は、お客様のニーズを事務局に伝達し、指示を受けるのが基本で、お客様に もその旨おことわりします。 他方、お客様は従業員の誤解を防止するため、シルバーの働き方を従業員な どに徹底して頂くことが肝要でしょう。
 お客様、シルバーの双方が相手を理解し、実践することで、双方のメリットとなるようにしましょう。

(4)ご注意

ここに書かれていることは、法律の専門家等からみると、チョットといいますか、相当大雑把と、おしかり を受けるかもしれません。 しかし、シルバーの請負の考え方を平易に説明するためと、ご容赦ください。