背景 小牧山
TEL 0568-76-4710

シルバー保険とは

 会員の皆様には安全を第一に考えて就業していただいております。
 しかし、どんなに安全に配慮していても、事故は発生することがあります。
 当センターから提供された仕事は、ほとんどの場合、雇用契約に基づく雇用ではありませんので、労働者災害補償保険(労災)が適用されません。(※派遣契約を除く)
 そこで備えているのがシルバー保険です。会員には、この保険が適用されます。
※ 事故の内容によってはシルバー保険が適用できない場合もあります。

実際に事故が起きた場合は?
→ すぐに当センターへ連絡してください!

シルバー保険の種類

シルバー保険は、下記の2種類の保険で構成されています。

団体傷害保険 就業中に会員がケガをした場合
賠償責任保険 就業中に会員が他人の身体や財産に損害を与えた場合
※ 注意 ※
病院等でケガ等の治療を受ける場合は、会員の皆様が加入している健康保険で受診してください。

団体傷害保険

突然や偶然、予測できない事故によってケガ等を負った場合に適用されます。

保険が適用できる事例
  • 就業中の事故
  • 仕事場への往復時の事故(ただし、通常の経路をはずれた場合は除く。また、自家用車・バイクによる通勤途上の事故は、その車等にかけてある保険を適用)
  • センターが主催の総会・委員会などに参加中またはその往復中の事故(ただし、通常の経路をはずれた場合は除く)
  • など
保険が適用できない事例
  • 会員の故意による事故
  • 会員の重大な過失による事故
  • センターを通さずに、会員の独断で仕事をしていた場合
  • センターの仕事中とみなされない場合
  • センターの仕事のための往復とみなされない場合
  • 病気・持病による場合
  • 原因が就業によるものと客観的に判断できない場合(腰痛、むち打ち症等)
  • など

賠償責任保険

センターの会員が就業中に他人の身体・財産に与えた損害を賠償する保険です。 ただし、会員の免責金額が設定されています。・・・【 1事故につき1万円 】
※ 賠償責任保険を使用する場合であっても、1事故につき1万円までは、会員個人の負担となります。
(例: 賠償額が5万円の場合、会員負担が1万円となり、保険から4万円が補償されます。)

保険が適用できる事例
  • 就業中に、誤って他人の身体にケガ等を与えた場合
  • 就業中に、誤って他人の財物を損壊した場合
  • など
保険が適用できない事例
  • センターを通さずに、会員の独断で仕事をしていた場合
  • 会員の故意による事故
  • 会員の重大な過失による事故
  • など