戻る


空き家対策特別措置法について



 管理に問題がある空き家への対策を定めた特別措置法が平成27年2月26日に一部施行されました。
 空き家かどうかを判断する基準として、1年間を通じて人の出入りや電気、ガス、水道の使用がないこと、等が国土交通・総務両省より基本指針として示されました。
 今回の一部施行で、空き家の持ち主を特定するために、市町村が固定資産税の納税情報を利用する事が可能となりました。
 特に危険な「特定空き家」に撤去や修繕を勧告したり、強制撤去ができるとした規定は5月に施行されました。
 また、勧告を受けた「特定空き家」が建つ土地には、固定資産税が最大6分の1に引き下げげられる税制特例は適用されなくなります。
 
※「空き家」の所有者の皆様
 センターでは、「空き家」の管理として、定期的な巡回や雨戸の開閉、除草や植木の手入れ・伐採等お手伝いします。

お気軽にご相談ください 0436-60-3551

トップへ戻る