現在、平戸市では65歳以上の高齢化率は30%の高い割合を占めており、核家族化、少子高齢化が進む中で、地域の一人暮らしや老夫婦の二人暮らしの世帯が急速に増えています。
 毎日の生活の中で、若いうちは当然のようにしていたことが、年齢を重ねる度に不便に感じたり、支障をきたしたりおり、生活そのものを脅かす事態も生じてきます。

 このワンコインまごころサービス事業」とは、在宅の一人暮らしの高齢者等において、生活の中のちょっとした困り事、電球の交換や買い物などをワンコイン100円で依頼することにより、住み慣れた地域で生活できるよう支援することを目的としています。
 また、高齢者の就業機会確保を目的として、シルバー人材センターのPR事業として推進しています。
 
 1日中働くのは無理だけど、ちょっとした空き時間を利用して働きたいとお考えの方には、ぴったりのお仕事です。
 シルバー人材センターの会員になって、地域の方々の生活のお手伝いをしてみませんか?
  平成29年度より、
     利用回数制限を設けました。

 市の方針により、ワンコインまごころサービス事業以外のサービス、例えば介護ヘルパー等の福祉サービスを受けている方は週1回それ以外の方は週2回に制限されました。
 65歳以上の高齢者又は障害者世帯の制限は変わりありません。
 
 全体的に利用者に偏りがみられ、もっと多くの方々に平均的にご利用いただきたいと考えております。

ワンコインまごころサービス事業




                                                                                                                     トップへ