永平寺町シルバー人材センター

トップページ

0776-61-6100

メール

永平寺町シルバー人材センターの概要

会員の声

シルバー人材センターとは

Photo シルバー人材センターとは、高年齢者が働くことを通じて生きがいを得ると共に地域社会の活性化に貢献する組織です。
 センターは、原則として市(区)町村単位に置かれており、都道府県の許可を受けた(公益)社団法人で、それぞれが独立した運営をしています。

  • センターは、定年退職者などの高年齢者に、そのライフスタイルに合わせた「臨時的かつ短期的又は、その他の軽易な就業(その他の軽易な就業とは特別な知識、技能を必要とする就業)」を提供するとともに、ボランティア活動をはじめとするさまざまな社会参加を通じて、高年齢者の健康で生きがいのある生活の実現と、地域社会の福祉の向上と活性化に貢献しています。
  • センターは、原則として市(区)町村単位に置かれており、国や地方公共団体の高齢社会対策を支える重要な組織として、法律に基づいて事業を行う、都道府県知事の許可を受けた公益法人です。
  • センターでの働き方は「生きがいを得るための就業」を目的としていますので、一定した収入(配分金)の保障はありません。
  • センターは、地域の家庭や企業、公共団体などから請負又は、委任契約により仕事(受託事業)を受注し、会員として登録した高年齢者の中から適任者を選んで、その仕事を遂行します。仕事の完成は、契約主体であるセンターが負います。
  • 事業所の社員と混在して就業する仕事や、発注者の指揮命令を必要とする仕事等の場合は、一般労働者派遣事業(シルバー派遣事業)や有料職業紹介事業を、ご活用頂きます。
  • センターは、「自主・自立、共働・共助」の理念に基づき、会員の総意と主体的な参画により運営する組織(社団法人が基本)です。
  • センターでの会員として働くためには、次のような要件が必要です。

定年退職後の過ごし方は大きく分けると次の三つ
 ① まだまだ現役でがんばる。
 ② 悠々自適、趣味等を生かし自由な生活を楽しむ。
 ③「半分年金、半分就業」ある程度年金等で生活できるがまだまだ元気。
   常用でなく働きながら健康を維持し、地域で役立ちたい。
に分けられます。
シルバー人材センターは、③の道を選ばれた方にふさわしい制度です。

 この様に、シルバー人材センターに入会し、会員として働く(「就業」という)ことは、単にお金を得ることが目的ではなく、どうしても収入がよりほしいという方は、シルバー人材センターになじまないことになります。(会員になっても就業や収入の保障がない制度です。)

理念

シルバー人材センターは『自主・自立・共働・共助』を基本理念として運営しています。

自主 自分のものとして、自立 自分たちの力で育てる、共働 一緒になって働き、共助 お互い助け合う

就業にあたっては、誰からの指図も受けず、自主的に考え、会員それぞれが責任をもって、
一緒に働き、お互いに助け合い、仕事を遂行します。

目的

高齢者を対象に働く場を提供し、知識・経験及び技能を生かすとともに、
「生きがいの充実」「健康の維持」「働く喜び」「社会参加」「福祉の増進」など、
地域に密着した活動を行い地域社会に貢献します。
そして、追加的な収入を得ることです。

事業のしくみ

シルバーセンターは、家庭、企業、公共団体(発注者)からの「臨時的・短期的又は、その他の軽易な仕事」に対し、会員の中から適任者を選任して、その仕事を行います。(その他の軽易な就業とは、特別な知識、技能を必要とする軽易な就業を行います。)

ア シルバー人材センターが受託する仕事は、臨時的・短期的、その他軽易な業務に限られる。

  • 臨時的・短期的な仕事
    1月の就業日数が数日程度(概ね月10日程度以内)のもの。
    契約が、年間等長期にわたるものの場合は、一定の期間、一定時間ごとにローテーションを組んで就業する。(契約が長期でも、会員1人ひとりをみると、概ね10日程度であれば可、と考えればよい。)
  • その他軽易な仕事
    一就業日数は制限されないが、就業時間が社会通念上、短いと考えられる時間(週20時間以内)で、業務が特定される。(各種教授・教師、家事手伝い・家庭生活支援サービス、自動車の運転・理美容など、免許・資格が必要な業務、経理、翻訳、通訳、大工などの特別の知識・技能が必要な業務等)

イ 高齢者にふさわしくない仕事は受託しない。

 危険・有害な業務は受託しない。また、シルバー人材センター事業の目的にふさわしくない仕事、事故が発生した場合に、センターからの損害賠償額が多額となることが見込まれる仕事、民営を圧迫する仕事、地域の労働者の雇用を侵食する仕事も同様に受託しない。

請負又は委任による就業「シルバー就業」の場合

センターは、発注者から高年齢者にふさわしい仕事を請負契約又は、委任契約により引き受け、センターは、その契約内容に従って仕事を完成させます。

  • 発注者と就業する会員との関係
    発注者と、就業する会員との間に雇用関係はありません。
    発注者は、就業する会員に対して指揮命令権はありません。
  • 契約代金の支払い
    発注者は仕事の完成後、センターに対して契約に基づく代金を支払います。
  • 安全対策と保険制度
    センターは、受注した仕事の遂行に当たっては、十分な安全対策を講じています。万一、仕事中に会員が傷害を受けたり、発注者等に損害を与えた場合に備えて、民間の損害保険(センター団体傷害保険、総合賠償責任保険)に加入しています。ただし、故意、飲酒、寄り道、自然災害などの時には、損害保険は適用になりません。

雇用による就業の場合

会員が、企業の社員などと共同して仕事を行うことが必要な場合や発注者から指揮、命令を受けた働き方をする場合には、有料職業紹介事業又は、一般労働者派遣事業(シルバー派遣事業)を利用する事が出来ます。

シルバー人材センターの会員組織と働き方

シルバー人材センター(センター)は、「自主・自立、共働・共助」を理念とし、会員自らが運営に参画する組織です。
センターは、家庭、企業、公共団体(発注者)からの「臨時的・短期的又は、その他の軽易な仕事」を基本的に請け負い又は委任の形式により行います。

  • センターは、「自主・自立、共働・共助」を理念とした会員組織です。会員1人ひとりが自主的に参加して活動する事を基本とします。会員は、自分達で役員を選び、組織や事業の運営に参画します。
  • センターは、地域社会に密着した「臨時的かつ短期的又は、その他の軽易な就業(その他の軽易な就業とは特別な知識、技能を必要とする就業をいいます。)」を家庭、企業、公共団体から引き受け、会員の希望や能力に応じて提供します。
  • 高齢者の就業ですので、危険、有害な作業を内容とする仕事は、お引き受けしません。
  • 会員は、センターから基本的に請負又は、委任の形式により仕事を引き受けます。
  • センターは、会員に対して仕事の完成後に、発注者から支払われた契約代金から仕事の内容と就業実績に応じた「配分金」(報酬)を支払います。
  • センターにおける就業は、高年齢者のライフサイクルに応じた任意就業ですので、就業日数や収入の保障はありませんが、各人の希望と能力に応じた働き方が出来ます。
  • センターでは、会員の技能・技術を高める為、各種の講習を実施しています。
  • 発注先の社員と混在して就業する仕事や、発注者の指揮命令を必要とする仕事等の場合は、一般労働者派遣事業(シルバー派遣事業)により実施するか、有料職業紹介事業によることになります。
    工場で、そこの社員と一緒に働くラインの仕事は、請負、委任とはいえません。発注者からの指揮命令を受ける仕事は、請負・委任ではないのでセンターでは受託できません。

受託事業

仕事の仕組み

一般労働者派遣事業

対象となるお仕事

専門的な資格、スキルを要するもの又は、派遣先の指揮命令下で派遣先社員と混在して就業する内容のもの。

仕組み

仕事の仕組み

① 派遣先と派遣元との間で、労働者派遣契約を締結します。
② 派遣元と労働者との間に、雇用関係が発生します。
③ 派遣労働者は派遣先の指揮命令を受け、就業します。

料金体制

派遣賃金+派遣手数料(派遣賃金の20%)+消費税

就業要件

派遣事業でお引き受けする仕事は、月10日程度又は、週20時間の就業を原則とします。
長時間となる場合は、ローテーション就業によりご対応お願いします。

災害時の補償

派遣事業における就業中の事故につきましては、センターと会員との雇用契約に基づき労災保険が適用されます。

組織概要

名称公益社団法人 永平寺町シルバー人材センター
住所〒910-1135 福井県吉田郡永平寺町松岡室27-1
TEL0776-61-6100 FAX0776-61-6103
Maileiheiji@sjc.ne.jp
設立平成9年4月1日 通常総会年1回
役員構成理事長1名、副理事長1名、常任理事(事務局長兼務)1名、理事9名、監事2名 計14名
各種部会作業部会/安全・適正就業部会/広報部会/事業(就業開拓促進)部会/独自事業部会/総務(地域班)部会/仕事別グループ(職群班)部会

公益社団法人 永平寺町シルバー人材センター

〒910-1135 福井県吉田郡永平寺町松岡室27-1
TEL:0776-61-6100 FAX:0776-61-6103 Mail:eiheiji@sjc.ne.jp