お問い合せ

ナビタイトル

会員状況

平成24年9月末現在

熱海市人口:39,576人

内60歳以上人口:19,728人


センター会員数:330人

  • 男性:213人
  • 女性:117人

熱海市シルバー人材センターとは

熱海市シルバー人材センターは高齢社会の中で、「高齢者の就業により地域社会に貢献する集団」として法整備され、静岡県知事の許可を得た公益法人です。

熱海市シルバーセンターは「自主・自立・共働・共助」の理念に基づき、会員の総意と主体的参画により運営されており、会員は地域の家庭や企業、公共団体から請負又は委任契約により就業の機会を得ております。

会員はおおむね60歳以上の健康で働く意欲のある方ならどなたでも会員となることができます。(入会手続きが必要)

社会で培った知識・経験・技能等を活かし、自らの健康維持と生き甲斐と仲間とのふれあいを通じて地域社会に貢献しかつ、仕事実績に応じた報酬(配分金)を受け取ることができます。

新たな組織で地域に寄与する   理事長 藤間勝夫  

理事長

熱海市シルバー人材センターも、公益社団法人へ移行して、2年経過しました。

もともと、国の高齢者対策の一環として位置づけられた組織でありますが、時代とともに公共的・公益的性格が付与され、高齢者の多様なニーズを満たし、合わせて活力ある地域社会づくりに寄与しようとする組織になりました。

一口にシルバー事業といいましても、都市の形態によって、その活動や財政状況もさまざまです。私はどちらかといえば、高齢化の高い熱海市ほどシルバー人材センターが必要とされる度合いが強いと思います。地域によりシルバー人材センターが必要とされる事業内容は様々です。

・・・→ 全文

新着情報