本文へスキップ



     個人情報保護法施行に伴う個人情報の取り扱いについて

  個人情報保護法が、平成17年4月1日に全面施行になりました。 当センターは、「公益社団法人
  芦屋市シルバー人材センター個人情報の保護に関する規程」を定めて運用しています。 ①利用目的
  による制限 ②適正な取得・正確性の確保・安全管理措置 ③第三者への情報提供の制限 ④本人
  からの求めによる開示・訂正・利用停止等 への対応などを定めています。

     個人情報保護の保護方針

  当センターは、個人情報保護の重要性を認識し以下の方針に基づいて個人情報の保護に努めます。
  1.個人情報の収集に当たっては、適法かつ公正な手段によって収集を行います。
  2.当センターが保有する個人情報(以下「保有個人情報」という。)は、利用目的の達成に必要
    な範囲において利用します。
  3.保有個人情報を利用目的以外に利用する必要がある場合は、ご本人の同意を得ることを原則と
    します。
  4.保有個人情報は、正確かつ最新の内容を保つと共に漏えい、滅失又は毀損の防止、その他安全
    管理のために必要かつ適切な処理を講じるように努めます。
  5.保有個人情報は、本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。
  6.個人情報保護管理責任者を任命し、個人情報の適切な取扱をします。
  7.当センターの役職員及び会員に対し、個人情報の保護に関する意識の高揚を図るための啓蒙
    その他必要な研修を行います。
  8.保有個人情報ついて、本人から開示など請求を受けたときには適切に対応します。

     個人情報の利用目的

  1.当センターの正会員、特別会員及び賛助会員の入会手続きのため
  2.臨時的かつ短期的な就業(雇用によるものを除く)又はその他の軽易な業務に係わる就業(雇
    用によるものを除く)を希望する高齢者のために、これらの就業の機会を確保し、及び組織的
    に提供するため
  3.臨時的かつ短期的な就業(雇用によるものを除く)又はその他の軽易な業務に係わる就業(雇
    用によるものを除く)を希望する高齢者のために、無料の職業紹介事業を行うため
  4.高齢者のための臨時的かつ短期的な就業及びその他の軽易な業務に係わる就業を通じて、高齢
    者の生きがいの充実及び社会参加の推進を図るために必要な事業を行なうため