シルバー人材センターとは

シルバー人材センターの事業

定年退職者など原則として60歳以上の豊かな知識と経験・技能をもった高齢者に能力に応じた臨時的・短期的な仕事を提供するとともに、ボランティア活動をはじめさまざまな社会参加を通じて、高年齢者の健康で生きがいのある生活の実現と、地域社会の福祉の向上と活性化に貢献しています。

原則として市(区)町村単位に設置されており、国や地方公共団体の高齢社会対策を支える役割を果たす組織として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき「高年齢者就業確保事業」を行う、都道府県知事の許可により設立された公益法人です。

地域の家庭や企業、公共団体などから請負又は委任契約により仕事(受託事業)を受注し、会員として登録した高年齢者の中から適任者を選んでその仕事を遂行します。仕事の完成は、契約主体であるセンターが負います。
雇用関係を必要とするなど、仕事の内容によっては、有料職業紹介事業や労働者派遣事業により実施することになります。
また、会員の技能を高めるための各種の講習を実施しています。

センターは、「自主・自立、共働・共助」の理念に基づき、会員の総意と主体的な参画により運営する組織(社団法人が基本)です。

会員になるためには、原則として60歳以上の健康で働く意欲のある方で、センターの趣旨に賛同し、入会の手続きをとることが必要です。

受託事業による仕事の提供を受けた会員は、契約内容に従ってその仕事を実施し、仕事の内容と就業実績に応じて配分金(報酬)を受け取ります。

シルバー人材センターのしくみ

シルバー人材センターのしくみ